目を閉じる女性

日本人のまつげは欧米人と比較すると、長さも短く密度も低いため育毛することで目元を華やかにして美人、きれいといった印象にすることが出来ます。そこでまつげ育毛に使いたいのがまつげ育毛剤です。

ドラッグストアで市販されているのはまつげ美容液で、育毛的な効果はありません。では何を使えばよいかというと、美容系クリニックや皮膚科などで処方してもらうことが出来るルミガンです。ルミガンはもともとは緑内障の治療のために開発された点眼薬で、上がりすぎた眼圧を下げるために使われています。しかし使っている方に多くみられたまつげが伸びたり増えたりするという副作用をメリットとしてとらえて、今ではまつげ育毛剤としてもつかわれるようになりました。

まつげの状態一つで目元の印象を大きく変えることが出来るメリットがありますし、マツエクやつけまつげをすることなくナチュラルな状態に仕上げる事が出来るのも特徴です。マツエクやつけまつげでも、まつげを長くしたりボリュームを出すことはできます。しかしまつげそのものに負担をかけてしまったり、まつげの土台でもあるまぶたの部分にも負担をかけてしまう事になりますので、様々なデメリットも生じます。

まつげ育毛剤としてルミガンを使う事で、まつげの毛周期の成長期を延長させることが出来ますので、それによって成長を促すことが出来るのです。市販されているまつげ美容液を使えばまつ毛が伸びると思っている方も多いかもしれませんが、成長因子は含まれていませんのであくまでもまぶたの保湿であったり、健康的なまつげが生えてくるための土台を整える事、そしてまつ毛のキューティクルを整えるといったことにしか作用しないのです。

根本的に成長を助長することが出来るルミガンであれば、マツエクやつけまつげよりもナチュラルな仕上がりですし、男性からもこちらの方が自然でよいという声も多いですし負担をかけずに使うことが出来るのも魅力です。

ルミガンの処方は美容外科や美容皮膚科などの美容系クリニックや、皮膚科などで行われますが美容目的の場合ですと保険は適用されません。しかし個人輸入という方法を使えば自分でも簡単に取り寄せることが出来ます。一般的な通販と同じ行程ですので、初めての方も手軽に購入することが出来るでしょう。

重篤な副作用はありませんが、色素沈着などが起こることがありますので使用方法は確認したうえで使うことは大事なポイントです。