• ホーム
  • ルミガンのジェネリック医薬品はどのようなものになってくるのか

ルミガンのジェネリック医薬品はどのようなものになってくるのか

2020年06月19日
きれいなまつげ

ジェネリック医薬品は後発医薬品を指しますが、ルミガンにもいくつか出ていますのでチェックしてみましょう。ちなみにジェネリック医薬品は、先行薬よりも薬価や低価格に設定されているというメリットがあります。

薬の開発には膨大な費用や期間がかかりますが、有効成分をそのまま使うことが出来るので開発費用を抑えることが出来るという理由があるからです。先行薬との違いは味や形状や色、添加物などです。先行薬が大きくて飲みづらい、味がまずいといったことをカバーするべく開発されていたりしますので、飲みやすくなっていたり、色が違ったり添加物なども異なるケースもあります。しかし有効成分は同じですし、厚生労働省から厳しい規定をクリアしたものしかジェネリック医薬品に承認されませんので安心して使うことが出来ます。それでいて薬価が安いのでこちらを選ぶという手段もあります。

ルミガンのジェネリック医薬品は、ビマトアイドロップ、ケアプロスト、モデルアイズモデラッシュなどがあげられます。この中で最も知名度が高いのがケアプロストで、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

日本のクリニックでも取り扱いしている物も有りますが、もちろん保険適用がされることはありませんし、自費治療項目となりますので全額自己負担です。設定されている料金も異なりますので、あらかじめサイトなどで確認をしたり問い合わせてから受診することをお勧めします。

美容系クリニックや美容皮膚科、眼科や皮膚科などで処方してもらえることもありますが、やはり費用がかさむというデメリットが生じます。ジェネリック医薬品を選択するメリットにはやはり薬価が安いという事があげられますので、よりお得に購入するために個人輸入での入手もお勧めです。

ちなみにこの3つのルミガンのジェネリック医薬品を、価格相場順にならべてみますと1番安いのはビマトアイドロップです。個人輸入であれば1本760円ぐらいから購入可能です。続いてケアプロストで、最安値ですと920円です。モデルアイズモデラッシュに関しては、個人輸入ですとルミガンと価格はほとんど変わりません。このようにルミガンと同じビマトプロストが配合されているジェネリック医薬品ですので、効果は同様に得られる上に価格が安いというメリットがありますので口コミなども参考にして選んでみるのもお勧めです。個人輸入で手に入れて使う場合は、自己責任でという注意がありますがメリットも多いです。